【基本】投資の資金管理~マーチンゲール法、モンテカルロ法等は有効か?~

投資の心得

【基本】投資の資金管理~マーチンゲール法、モンテカルロ法等は有効か?~

投資を行う上で初心者がまず大切にしてほしいものがメンタル管理と資金管理です。

具体的に資金管理とは投資の種類によっても異なりますが基本的にはお金がいくら増えた減ったというのは重要ではなく資金に対して何%増減したかを気にするようにすることがとても重要です。

資金管理

資金管理で重要な事は3つです。

  • 資金は%ベースで考える
  • 破産しないラインを知る
  • メンタル管理をする

それではそれぞれ解説してきます。

資金は%ベースで考える

投資の世界では労働収入では考えられないお金の変動が起こります。

例えばあなたが今から100万円稼ごうと思ったら月収25万円であれば4カ月程度働かないとどんなに頑張っても物理的に不可能です。

しかし、投資の世界では1時間、10分モノによってはそれ以下の時間で100万円稼ぐことができてしまうのです。

これを見て最高の世界だと勘違いしてはいけません。

100万円稼げると言う事は100万円失うリスクも伴っていると言う事を忘れてはいけません。

話がそれましたが、この時に大切になる考え方がいくら増えた減ったではなく元金に対して何%増えたか減ったかを考えることです。

一般的に100万円は大金ですが貯金額が1億円の人と300万円の人では感じ方が全く違います。

1億円の人は貯金の1%の運用ですが、300万円の人は34%の運用となりメンタルにかかる負荷がまったっく異なります。

そのため投資の世界では100万円稼いでるから凄いと思うのではなく元金いくらに対して何%の利益を出しているか注目するようにしましょう。

そして、この%ベースで資金管理をすることで投資本来の資金運用をすることができるようになります。

%ベースで資金管理ができるようになったら次ぎは、限界値を知る必要があります。

つまり破産しないラインを事前に知る必要があるのです。

破産しないラインを知る

破産確を知るので有名なバルサラの破産確率表があります。

こちらは一例なので計算する値によって破産確率は変化していきます。

破産確率が気になるのであれば簡単に計算できるサイトがあるのでそちらから、あなたの現状の破産確率を確認してください。

理想としては1%未満の破産確率で運用することを推奨します。

この破産確率のラインを知ることであなたの投資方法で将来資金がどうなっているか予測することができるようになり自信をもって取引をすることができます。

つまり、破産確率を知るためには手法を確立して勝利やリスクリワードを知る必要があります。

メンタル管理

メンタル管理に関して詳細記事を参照してください。

これらの3つを理解することでリスクを理解したうえで資金管理をすることができるようになります。

ここからはギャンブルで有名な2つのベット方法を投資において有効なのか説明していきます。

ギャンブルにおいて有名ベット方法

FXや株式取引でも使うことができますが一番わかりやすい例でバイナリーオプションで考えていきます。

  • マーチンゲール法
  • モンテカルロ法

マーチンゲール法

マーチンゲール法とは勝負に負けたら次のベット額を倍にすることを繰り返し、勝つまで続ける手法です。

倍プッシュと言う事もあります。

例えば、1回目のベット額が1,000円、負けた場合2,000円、さらに負けた場合4,000円というように取引をしていきます。

マーチンゲール法が毎回成功すれば正直勝率100%の必勝法と言えます。

大切なのは成功させる必要があると言う事です。

下記表をご覧ください。

10回マーチンゲールを行った場合必要となる資金が1023000円だとわかります。

バイナリーオプションの場合有名なハイローオーストラリアでもペイアウトMAX2倍です。

言い換えると1023000円のリスクを背負って10回マーチンゲール法を行った結果得られる利益は1000円です。

もし負けた場合は1000円の為に1023000円失うことになります。

さらにハイローオーストラリアでペイアウト2倍を狙うとスプレッド取引となるので勝率を上げるのがものすごく難しくなります。

かと言って15分取引でマーチンゲール法をするとペイアウトが1.88倍となるので5回目から損益分岐点を割りマイナスとなってしまいます。

マーチンゲール法は確かに必勝法ですが、そのためには底尽きない資金力が必要だと言う事です。

その為マーチンゲール法で負ける時は破産していると言事はよくあることです。

このようなハイリスクハイリターンは長く投資で稼いでいきたいと考えるのであれば使わないことを推奨します。

ただし、ルールに乗っ取り2回までなど決めて期待値を出して取引手法を確立すれば全く使い物にならない方法と断言することはできませんので、あなた自身で考えてみるとさらに優位性を見出せるかもしれません。

モンテカルロ法

モンテカルロ法はマーチンゲール法のように倍にしていくと言う単純なものではありません。

まずは下記表をご覧ください。

まず、1.2.3という数列を書き両端の数字を足した数字を係数としてベット額に掛けていきます。

負けた場合は1つ次の数字を書き足して係数を算出します。

勝った場合は両端の数字を1つずつ消して残った数列の両端を足して係数を算出します。

(ペイアウトが2倍の場合両端1つ、3倍の場合は2つ消します。)

これを繰り返し最終的に数字が1つあるいは0になった場合そこで終了となります。

表の場合モンテカルロ法ので1000円ベットから始めるとぺアウト2倍で750円の利益となりマーチンゲール法よりも利益が少なくなってしまいますが連敗しても1回のベット額が少額なためローリスクローリターンな方法となります。

ポジポジ病の人にはお勧めな方法かもしれません。

ちなみにこのモンテカルロ法、勝って数列をなくすまで延々と続くというデメリットがあります。

まとめ

資金管理をすることが長期的な目線で早く資金を増やすことができるようになります。

資金管理はドミノに似ているところがあり、コツコツ稼いで利益を積み重ねても、少し気を抜いて油断してしまったり雑に並べて1つ倒れてしまっただけですべての積み重ねを一瞬で倒してしまう事になるのです。

トレードの資金管理も同様に、無茶をすると一気に崩壊していきます。

さらに目の前でお金が減っていくのを見るとメンタル崩壊につながりリスクを取りがちになります。

資金管理はメンタル管理と同様に投資の土台になります。

これらが崩壊し資金を失うと言う事は投資家としてとても恥ずかしく、もっと言ってしまえば投資家失格です。

そのことを十分理解して今後の投資ライフ成功を目指していきましょう。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました